遺贈に対して遺留分減殺請求がなされた場合、その順序や割合はどうなるか?

法は、「遺贈は、目的価額の割合に応じて減殺する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う」と定めています。

つまりは、減殺対象は特定財産に限定することもできますし、減殺方法についても、遺言者の意思で自由に定めておくことができます。