相続関係を明らかにするために作成する書類で、相続開始後の登記手続などに使用することがあります。

相続関係は被相続人の死亡時に確定しますので、遺言書や任意後見契約の際に作成することは、ほとんどありません。

とはいっても、上記契約をする時点での相続関係をある程度把握して書類を作成しますので、概要を掴んでおくことは必要です。

簡易な相続人一覧などを作成しておけば、わかりやすいかもしれません。