任意後見は、任意後見監督人が選任されなければ、任意後見契約の効力は生じません。

任意後見監督人は、任意後見人が契約で定めた事務を、適切に処理しているかを監督します。

具体的には、任意後見人に事務内容の報告を求めたり、独自に調査したりできます。

特に、本人の財産状況については、横領などがないように、入念に監督します。

任意後見監督人は、監督した内容を家庭裁判所に報告します。

もし任意後見人に不正行為があった場合には、任意後見監督人は、家庭裁判所に任意後見人の解任を申し立てることができます。