何をもって有効と意味されているのかが定かではありませんが、遺言書の検認手続は、遺言内容の有効・無効を判断するものではありません。

相続人全員で、家庭裁判所の立ち会いの下、遺言書の存在を確認するものです。

そのため、検認手続を経ても、後に遺言の有効性を巡って争いが起きることはよくあります。

そうであるならば、検認にはあまり意味がないように思えるかもしれません。

しかし、遺言の存在と検認後の偽造・変造は防げます。

何より、法が定めた手続ですから、守らなければいけません。