禁治産制度は、成年後見制度の前に利用されていた制度です。

禁治産制度は、利用開始すると官報に記載されたり、戸籍にも記入されるなど、本人のプライバシーが損なわれるものでした。

戸籍に記載されることで、利用を躊躇ったり、差別を受けたりしましたので、ほとんど利用されませんでした。

成年後見制度は、それらの反省を踏まえて作られました。