後見制度信託は、日常的な金銭は後見人が管理し、それ以外の金銭は信託銀行等が管理する方法です。

信託できるのは金銭に限られます。

また、利用できるのは後見と未成年後見のみであり、その他の類型や任意後見では利用できません。

この制度を利用すると、後見人が信託している金銭を払い戻し等する場合は、家庭裁判所の指示書が必要になります。