単に口頭で行い、周囲に言い聞かせた遺言に効力はありません。

口頭で遺言ができる場合は、公正証書で行うのが代表的です。

口頭で公証人に遺言内容を伝え、公証人が聞き取り遺言書を作成します。

本人が署名できなくても、公証人がその旨を付記して作成できます。

また、特別方式の遺言なども、口頭で行う規定が定められています。

いずれにしても、まずは専門家にご相談されるのがよろしいでしょう。