親の財産を子供の1人が管理することはよくあります。

中には、親の財産を私用で使い、減少させてしまうケースも多いです。

周囲の親族としては、何とかしなければいけません。

 

手っ取り早いのは、成年後見制度を使い、後見人を付けて財産管理をしてもらうことです。

ただ、財産を取り込んだ身内が、申立に同意するとは考えられませんし、すんなりと財産を渡すとも限りません。

成年後見の申立には推定相続人の同意が必要ですが、上記のような事情であれば家庭裁判所も同意がなくても申立を認めてくれるのがほとんどだと思います

また、財産を引き渡さない場合は、一旦銀行口座を凍結して散逸を防ぐなどの対応が必要かもしれません。

 

いずれにしても、一番重要なのは本人を守ることです。