内縁の妻は、実生活では夫婦として生活していますが、相続権はありません。

そのため、遺産を与えたい場合には、生前贈与などをするか、遺言を書く方法を取ります。

ただし、他の法定相続人がいる場合には遺留分がありますので、全ての財産を与えるような場合には注意が必要です。

遺留分を侵害した遺言の場合には、他の法定相続人から遺留分減殺請求を受ける可能性がありますので、相続開始後になるべく争いにならないような配慮をしたほうがよいでしょう。

例えば、付言事項で自分の想いを記載しておくなどです。