自分の判断能力が低下する前から、財産管理委任契約などを結んで、自己の財産を第三者に管理してもらうことがあります。

依頼する第三者に代理権を与えると、任意代理契約と言われることがあります。

移行型の任意後見契約の場合に、任意代理契約(財産管理委任契約)を同時に締結することが多いです。

任意後見が開始するまえの間も、第三者に金銭管理や各種手続を代理でサポートしてほしいというニーズは多いです。

高齢化社会で、判断能力はしっかりしていても、思うとおりに体が動かない方も増えています。