任意後見は契約ですが、成年後見制度の1つですから、本人の財産管理と身上監護が基本になります。

細かい部分は契約で定めますが、定めた権限については、書面にして残します。

これを、代理権目録といいます。

代理権目録も公証人に作成してもらえますので、まずは内容を詰めればいいでしょう。

任意後見のメリットは、契約であるために、本人の細かなニーズに応えられることと、委任契約を結んで死後事務まで依頼できることだと思います。

メリットを、最大限に活用してください。