自筆証書遺言のケースです。

遺言書への押印は法律が求める要件の1つです。

押印のない遺言書は、原則として無効となります。

ただし、押印の種類については指定はありませんので、三文判、実印、認印のどれでも有効です。

なお、拇印についても、一応有効とされています。

遺言書の証拠能力を高めるためには、実印を押印して印鑑証明書を添えておくと、一番良いと思います。

押印は原則、署名に続けてしなければいけません。