仲の良い夫婦であれば、財産分与について共通の意見を持っているかもしれません。

いわゆる共同遺言ですが、民法上認められていません。

共同遺言を作成しても、無効になります。

そのため、夫婦で遺言を遺す場合には、それぞれで遺言を作成しなければいけません。

共通する意見について、夫婦ともに遺言内容に盛り込めばいいでしょう。