前にも出たと思いますが、ペット社会のため、悩まれている方は多いのでしょう。

ペットを家族と同様に考え接し、愛情を感じられているからこそ、自分亡き後のお世話をどうするかを、真剣にお考えになります。

まず、遺言でペットの世話を依頼しても、法的強制力はありません。

多くは、負担付遺贈で財産を渡すので、ペットの世話を頼みたい、という方法です。

特定の個人に頼むのが困難な場合は、新たな買主を見つけてもらう旨を、誰かに依頼する方法も考えられるでしょう。

いずれにしても、自分が元気なうちに、ある程度の段取りをされておくほうが、良いと思います。