成年後見制度は、本人が生存している間の制度です。

本人の死後は、遺産に関しては相続手続を進めていくのですが、財産処分とは別に、葬儀の手配、公共料金の支払い、福祉施設への支払いや退去などの対応が必要です。

これらの対応について、家族や親族でできる者がいればいいのですが、身寄りが全くない方が増えています。

そのような場合に、死後の事務委任契約を信頼できる者と結んでおけば、対応してくれます。

当事務所でも、緊急入院して余命を宣告された方から、誰も身寄りがないのでと、死後事務委任契約のご依頼をいただいたことがあります。

また、任意後見契約締結と同時に、死後事務も受任することがあります。