はい、任意後見契約に死後の事務委任契約を組み合わせれば、可能です。

一般的に言われています法定後見制度では、被後見人の死後の事務を後見人等が行うことができませんので、任意後見を利用する大きなメリットです。

信頼できる後見人に、終末期から死後の各種手続まで任せられますので、大変使い勝手がいい制度です。

まだまだ活用は進んでいませんが、依頼される方は、皆が喜んで利用されます。

まずは信頼できる後見人候補を選び、相談してみてください。