遺言の内容として記載しておくことは自由です。

葬儀のやり方や費用については、相続人間でトラブルになることは多いです。

何も決めておらず、周囲にも意思を伝えていない場合には、遺言で記載するのは良いアイデアです。

ただし、葬儀や法要については法的効力がありませんので、相続人たちが遺言どおりに葬儀等を行ってくれるかはわかりません。

しかし、たいていは遺言者の意思に沿って行われていますので、全く無駄ではありません。