遺言は何度でも取り消せますし、書き直すこともできます。

遺言は日付の新しいものが優先されますので、新たに遺言を書けば、前の遺言は取り消せます。

公正証書遺言についても、再度公証人に相談して新しい遺言に作り直すことができます。

なお、公正証書遺言であっても、自筆証書遺言で取り消すことができます。

ですから、遺言を作る時は日付に注意して作成してください。