法的効力はありませんが、尊厳死宣言について記載しておきたいという方は多いです。

医学の発達により、昔なら死を迎えていた状態でも、延命治療によって生命維持が可能になっています。

ただ、体中に管を付けられて寝かされているだけの状態や、意識がなくなった植物状態などでは延命治療をせず、自然死を選択したいという意志をお持ちの方は増えているように感じています。

いわゆる尊厳死宣言書(リビングウィル)です。

当事務所では、遺言の付言事項として盛り込んで作成するケースが多いです。