相続放棄は、被相続人のすべての財産を放棄します。

相続放棄を行うと、その者は最初から相続人ではなかったとみなされます

したがって、相続人が1人減りますので、他の相続人の持分が増えます。

相続放棄は、相続開始を知ってから3か月以内に、管轄の家庭裁判所で行わなければいけません。

なお、相続放棄をすると初めから相続人ではないため、子や孫が代襲相続することはできません。

 

○相続放棄の必要書類

・相続放棄申述書

・被相続人の戸籍謄本

・申述人の戸籍謄本

・その他