寄与分とは、被相続人の財産の維持または増加に特別の寄与をした相続人に、相続分以上の財産を取得させることです。

例えば、相続人の1人が実家の家業を手伝い、稼業の発展に貢献して財産が増加した場合などであれば、他の相続人と同じ相続分であると不公平です。

そのため、家業に貢献した相続人には貢献度に応じた遺産をプラスして渡して、公平に遺産分割をしようという趣旨です。

 

具体的な寄与には、

被相続人の事業への労働力の提供や資金の拠出

被相続人の療養看護

などがあります。

なお、一般の方が誤解しやすく、ご相談も多いのですが、寄与分は相続人にしか認められません

赤の他人が誠心誠意尽しても、寄与分は認められないので注意が必要です(赤の他人は特別縁故者として評価)。

 

寄与分の算出方法は?

寄与分の算出は、当事者間の協議で定めるのが原則です。

ただし、なかなか貢献度といっても算出し難い面があります。

当事者間の協議ではまとまらないケースもしばしば生じています。

 

そこで、寄与分が協議で定められない場合には、家庭裁判所が審判によって定めてもらうこともできます。

家庭裁判所は、寄与分を裁量で決めるのですが、寄与行為と遺産の維持・増加との間に因果関係があるかどうかで判断します。

寄与行為があるのは前提ですが、それによって、遺産が維持・増加していなければいけません。