被相続人の生前に、特別に財産をもらうことを特別受益といいます。

特別受益を受けた者は、相続分から特別受益を受けた分を差し引かれます。

相続人間の公平を図るためです。

しかし、遺言などで特別受益を差し引かないと定めている場合には、差し引かれません。

特別受益とされるのは、以下の場合です。

婚姻や養子縁組の際に受けた贈与

生計資金として受けた贈与

単なるお祝いや贈り物などは該当しません。

他の相続人とは別に、住宅を購入する際に援助を受けたなどの事情が該当します。

遺贈

特定の相続人にのみ遺贈がなされた場合が、該当します。

 

実際の相続では、兄弟間で一人だけ大学院の学費を出してもらったり、結婚祝いにマンション購入資金を出してもらったケースなどが多いです。

また、兄弟の不公平感は、けっこうな確率で感情的対立を生じさせます。