相続人に順位があることは、よく知られています。

まず、被相続人(亡くなった人)の配偶者は常に相続人になります。

 

○第1順位

被相続人の子は第1順位の相続人になります。

養子でも、嫡出子・非嫡出子であっても同様です。

既に子供が亡くなっている場合には、その子(孫)が相続します。

これを代襲相続といいます。

○第2順位

子供など第1順位の相続人がいない場合は、被相続人の直系尊属(親など)が相続人になります。

親が既になくなっている場合には、祖父母が相続人になります。

前提として、親族には直系と傍系があるのですが、あまり気にしなくてもよいでしょう。

○第3順位

上記の第1順位、第2順位の相続人がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。

兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、その子が代襲相続します。

が、第3順位については、ここまでしか代襲相続はできません。