伝染病で隔離されている者ができる遺言です。

隔離されていても自筆できればよいのですが、自筆も、公証人を呼んで口述もできない環境にいる方がするものです。

一例として、行政処分で対人接触を制限されている人がいます。

 

作成方法は、警察官1人と証人1人以上の立会いによって、遺言書を作成します。

その他、この方法は刑務所の受刑者や何らかの形で交通機関が遮断(例えば地震)された方などが利用できます。