在船者・船舶遭難時遺言

船舶の遭難時などが、船舶中でする遺言です。

船長または事務員1人と証人2人以上の立会いで遺言を作成できます。

遺言を筆記する者も必要です。

もちろん、自筆証書遺言が作成できる場合には、自筆証書遺言で差し支えありません。

船舶遭難者が死亡の危急に直面している時の遺言

証人2人以上の立会いで、口頭にて遺言することができます。

証人は遺言を筆記して、署名押印します。

後日、遅滞なく、証人か利害関係人が家庭裁判所に確認請求し、確認を得る必要があります。