借地を相続した場合も、権利を包括して承継します。

したがって、賃貸人の承諾は特に必要がありません。

ただし、特定遺贈で借地権を承継した場合は、借地人の承諾が必要です。

いずれにしても、賃貸借契約の関係は、信頼関係が基になりますので、大家さんとの関係を良好に保つためにも権利の承継をきちんと伝えたほうがよいでしょう。

法律上必要がなくとも、事実上・社会生活上とは異なります。

近隣住民との関係もあるでしょう。