みなし贈与財産は、法的には贈与による財産の取得でなくても、その経済的効果が実質的に贈与を受けたものを同様の効果をあげるものをいいます。 例えば、 1、債務免除益 債務免除などを受けた場合には、実質的にその債務分の贈与を受けたと同じ効果があります。 2、低額譲受による利益 通常の取引価格より著しく低い対価で財産を譲り受けた場合、通常の取引価格と実際に支払った対価との差額に対して、贈与により取得したものとみなします。 なお、通常の取引価格は原則として時価のことです。 3、信託受益権 委託者以外の者を受益者とする信託行為があった場合の信託受益権は、贈与により取得したものとみなされます。 4、生命保険金等の満期金 5、定期金に関する権利 6、その他