ご自分で自筆証書遺言を書かれて、ご相談に来られる方が増えています。 一応、自分で書籍などの見様見真似で書いてはみたが、有効なのかどうかを見てほしいというケースです。 多くの自筆証書遺言を見ていて、 ①財産の特定の仕方があいまい ②誰にどの財産を与えるのかが明確でない ③できれば遺言書を書いた理由、想いを記載したほうがいい と感じます。 ①②のように記載があいまいだと、結局は紛争の種を作ってしまいますし、③については相続人たちを納得させるために書きます。 上記の点に注意し、形式を守るように書くと、まずまずの遺言書が出来上がります。