日本の相続の約4割くらいは不動産が絡んでいるものです。 不動産を相続後、居住する場合は問題ありませんが、使い道がない場合は活用や処分を検討します。 当事務所は宅地建物取引士取得者、不動産業経験者がおります。 提携している不動産業者やリフォーム業者も多くいます。 最近であれば、インバウンド需要を取り込んだ賃貸マンションや民泊経営、学習塾の自習室への活用をコンサルティングしました。 もちろん、不動産売却についてのご相談にも応じています。