一般的に人の死で相続が開始すると考えらますが、失踪によっても相続が開始する場合があります。 普通失踪と特別失踪の2通りがあるのですが、普通失踪は蒸発などで行方不明になって7年間音信不通の場合、特別失踪は戦争や船舶の沈没などで行方不明になって1年経過しても音信不通の場合に手続を行えます。 もちろん、勝手に判断できるわけではなく、家庭裁判所に判断を求め、失踪宣告してもらいます。 相続人の内の誰かが行方不明で遺産分割協議ができないケースなどで、利用されています。 失踪宣告が認められると、普通失踪の場合は7年経過後、特別失踪は危難の去った後1年経過後に、失踪者は死亡したものとみなされます。