地域包括支援センターなど福祉関係者とお話をしていますと、独居の方が増加しているのを、ひしひしと感じています。 また、自分が福祉業界にいた経験からも、地域の独居老人は確実に増加しています。 それでも、地域社会の助け合い、見守り体制がしっかりと構築されていればいいですが、ネットワークが薄いケースでは、孤独死などが起こってきます。 死に際に、誰にも会えず、ひっそりと亡くなるのは、やはり寂しいものがあります。 人は一人で生まれ、一人で死にゆくものといえばそれまでですが、最後まで誰かと繋がっていたいものでもあると思います。 福祉関係者、我々法律専門職、地域社会と連携して、地域ネットワークを構築していく必要性を感じています。