遺言書は万能ではありません。

自分の残した意思表示であっても、全く自由に財産処分できるわけではないし、相続人全員が合意すれば遺言に従わなくてもかまいません。

ですから、他の方法とも比較して、一番良い方法を取ればいいと思います。

 

養子縁組

遺産を与えたい者が法定相続人以外であれば、養子縁組という方法もあります。

全くの他人であれば贈与にあたり税負担が大きいですが、相続人であれば相続税が適用されますので、かなり負担が軽減されます。

しかし、養子縁組は夫婦で行うのが原則ですし、実子とトラブルになることも珍しくありません。

慎重に行うべきでしょう。

生前贈与

自分の目の黒いうちに、財産を分配し、ある程度意思を実現しておく方法です。

確実なのですが、財産面では贈与税が原則適用(各種軽減税率はあります)されますの負担は大きいです。

死因贈与

死因贈与は、本人の死亡によって効力が発生しますので相続税が適用されます。

が、契約ですので、一度締結すれば取り消すのが困難になります。

なお、遺言はいつでも自由に撤回が可能です。