兄弟が相続人の1人になるケースです。

遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

調停は、家庭裁判所で、裁判官が立ち会っての話し合いです。

弁護士を立てなくても、家族だけで申立をして、進めていくことができます。

 

ただ、兄弟間が不仲で話し合いにならない、顔を見るのも嫌になっているような場合は、費用は掛かりますが弁護士を立てられたほうがいいでしょう。

調停で話し合って、最終的には裁判官から和解案が示されます。

皆が納得できれば、調停成立です。

 

調停でも決着がつかない場合は、訴訟の流れになります。

訴訟については、弁護士に依頼されたほうが無難です。

 

もっとも、遺産分割で争っても、ほとんど得るものはありません。

多少の金銭は手に入ったとしても、後々まで感情のしこりが尾を引きます。

双方が弁護士に依頼して訴訟をして長年争い、結局、法定相続分と変わらない金額しか受け取れなかったり、経費を差し引いてほとんど受け取れる金額がなかったケースもあります。

 

できれば、遺産分割協議の段階で妥協点を見つけるのが一番です。

遺産分割協議