Q 生命保険金の相続はどうなりますか?

生命保険金の受取人が被相続人であれば、保険金は相続財産になります。

受取人が相続人や相続人以外は、受取人の固有財産として扱われます。

生命保険金については、法定相続人1人あたり500万円までの非課税措置が設けられていますので、相続税対策によく利用されています。

また、事業承継において、後継者にまとまった財産を与えたい場合などにも活用されています。

特に、事業承継は上手く各種制度を活用しなければ、相続争いにより事業の存続が危うくなる恐れもありますので、早めの対策が必要です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG