相続人に胎児や未成年者がいる場合

1 相続人に胎児がいる場合

相続人に胎児がいる場合には、既に生まれたものとみなされます。

被相続人死亡時に出生していなくても相続人ですので、出生前に遺産分割協議を行っても無効となります。

なお、死産の場合は相続人にはなりません。

原則として、遺産分割協議は出生まで待ってから行うようにしてください。

 

2  相続人に未成年者がいる場合

相続人に未成年者がいる場合は、親権者などが法定代理人として遺産分割協議を行います。

しかし、親子で利害が対立する場面、たとえば、親子で共同相続人であり遺産を分与しあうなどであれば、親は子を代理できません。

この場合、子のために家庭裁判所に特別代理人の選任をしなければなりません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG