AUTHOR

サイト管理人相続専門行政書士

死後事務のご相談が多くなっています。

NHKで死後事務が取り上げられたようです。 そのせいか、当事務所でも死後事務のご相談やご依頼が多くなっています。   身寄りがない高齢者の方、お子さんが遠方で暮らしていて身近に頼れる人がいないなど、それぞれにご事情があります。 行政書士は全 […]

兄弟姉妹への相続

核家族化や少子化で、相続開始後に子や配偶者などの相続人がいないケースが多くなっているように思います。 または、我々専門職に依頼があるケースだから、複雑なのかもしれません。 代表的なのが、兄弟姉妹への相続です。   代襲相続が発生しているケー […]

神戸市北区で相続手続無料出張相談

先日、神戸市北区で相続や遺言手続に関する無料出張相談を行いました。 当事務所の面談室は、JR、山陽、地下鉄沿線で便宜が良いと言われていますが、神戸市内では唯一、北区の方からは相談に行き難いと思われるようです。 神戸電鉄だと乗り換えが必要になりますから […]

「特別寄与料」が来月から始まります

2019年7月より、相続人以外の親族でも財産分与を請求できる、特別寄与料の制度が開始します。 現在は、誰かが亡くなった際には遺言で指定されなければ、法定相続人でなければ財産分与を受けられません。   これまでも寄与分はありましたが、法定相続 […]

Q 兄弟の1人が遺産分割で判を押してくれませんが?

兄弟が相続人の1人になるケースです。 遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。 調停は、家庭裁判所で、裁判官が立ち会っての話し合いです。 弁護士を立てなくても、家族だけで申立をして、進めていくことができます。 & […]

遺言書の証人が内容を話して、争いが起こったケース

公正証書遺言作成の際には、2人以上の証人が必要です。 信頼のおける証人を選ばなければ、トラブルになります。   下記は、実際にあったケースです。 当事務所にご相談に来られたのは、遺言者です。   公正証書遺言を作成したが、その際に […]

子供に迷惑をかけない「尊厳死宣言書」作成

年に何度かいただく、ご依頼です。 遺言や後見制度は利用しないが、「尊厳死宣言書」のみ作成したいというご依頼があります。   尊厳死宣言書は、終末期に無駄な延命治療などをせず、人としての尊厳を保ったまま最期を迎えたいとの意思表示を宣言する書面 […]

法定相続分はあくまで目安

日本人は真面目だなと感じるのが、遺産分割時に法定相続分を気にしている方が多いところです。   「相続人間の協議で決めればいいんですよ」 とお伝えしますが、法定相続分がいくらだからと決められる傾向が多いと感じています。 目安ですから、縛られる […]

>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG