相続対策は不動産対策

地域性はありますが、相続税申告案件の約7割は不動産が絡んでいます。

相続税の納税の必要性がある層にとっては、相続対策=不動産対策とも考えられます。

不動産は資産としてはよいのですが、いざ相続を考えると、3つのデメリットがあります。

  1. 分割しにくい
  2. 売却・評価しにくい
  3. 維持管理の手間がある、値が変動する

共有名義の不動産などは、トラブルの下です。なかなか分割案がまとまらないケースが多いです。

不動産の評価が高いと、相続の際にすぐに売却できないために、相続税の納税資金に困ります。

常時、維持管理の手間があるため、相続人間で誰が管理をするのかでモメるケースもあります。

地価の高い地域では特に、早めの不動産対策を必要です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG