相続開始時に受遺者が亡くなっている時

遺言者は、誰に、どれだけの財産を遺贈するかを自由に決めて記載することができます。

自分の財産を自由に処分できるのが、遺言書のメリットです。

 

ただし、遺言者が亡くなる前に、受遺者が先に亡くなっている場合は、当該遺贈は無効となります。

遺言を書く際に、受遺者のほうが先に亡くなる可能性がある場合は、受遺者が亡くなっている場合の遺産処分についても付け加えておくとよいでしょう。

もっとも、人の寿命はわからないものです。

自分と同世代か年長者に遺贈する場合には、配慮が必要です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。

CTR IMG