相続開始後、単純承認・限定承認・相続放棄の熟慮期間として3か月あります。

3か月もあると思われるかもしれませんが、スケジュールは非常にタイトになります。

というのも、その間に、相続人を確定し、相続財産を調査及び評価する必要があるからです。

その上で、債権・債務の状況を鑑みて、相続人は上記3つの選択を行います。

もちろん、並行して葬儀や供養、年金の解約などの手続きも進めます。

ですから、相続が開始したら3か月の期限を意識して動く必要があります。

ただし、どうしても間に合いそうにない場合は、家庭裁判所に申し立てて期限の伸長を請求することができます。