成年後見制度の利用について、躊躇う方が多いです。

申立費用もさることながら、専門職後見人等に支払う報酬が高いと思われるようです。

私は、後見は保険のようなものだと考えています。

自分が認知症などで判断能力が低下した際に、守ってもらえます。

いざという時の、保険のようなもの。

自分が病気になった時のために、保険に加入します。

病気にならなければ不要ですが、加入していると何かの際の備えとして安心です。

後見制度も、詐欺や虐待などの被害に遭わなければ不要かもしれませんが、判断能力が低下した方は被害に遭い易いものです。

そのための備えとして考えれば、見方も変わるのではないでしょうか。