昨年12月に、某社会福祉法人の成年後見セミナーに、コーディネーターとして参加しました。

障害者の親御様で、自らが後見人になっている方が講演をするという内容です。

後見人になった親が話をするため、多くの親御さんや関係者が集まりました。

 

本当に、関心の高い分野です。

親亡き後をどうすべきかを悩んでいる方にとっては、後見人制度をどのタイミングで、誰に任せたらいいのかは、大変重要です。

 

講演後の質疑の中で、成年後見人を付けるメリットがありました。

毎回、どのセミナーでも、障害者の親御様からある質問です。

 

親御様が元気だと、必要性を感じないし、メリットが感じられないものです。

 

しかし、親はいつまでも元気ではありません。

周囲の親族の状況も、年月とともに変わります。

将来的な安心、子供を孤立させない取り組みの1つとして、後見制度はあると思います。

 

家族や周囲に恵まれていれば、本当に必要ない方も多いでしょう。

あくまで選択肢の1つです。

 

もっとも、財産のみの相続対策でお悩みなら、最近では民事信託も使い勝手が良くなっています。後見制度と違って、自由に契約内容を作成できます。

後見制度の最大のメリットは、身上監護にあります。

が、それも後見人次第です。