後期高齢者1770万人

総務省の発表によれば、75歳以上の後期高齢者は1770万人で、高齢者全体の半数を超えているとのことです。

段階の世代が続々と後期高齢者になっていくため、今後はますます増加していきます。

元気な高齢者が増え、寿命も長くなります。

熟年離婚、再婚も増加しています。

生き方が多様になりますので、それに合わせて相続対策も変わっていくと考えます。

周囲をトラブルに巻き込まないための相続対策は、今後も重要性を増していくでしょう。