新聞報道で、国立社会保障・人口問題研究所の公表が記載されていました。

65歳以上の高齢者世帯は、2040年に220万世帯を突破し、そのうち一人暮らしの占める割合は、30%を超えるとのこと。

東京、大阪は、なんと45%を超えています。

 

3人に1人、地域によっては2人に1人の高齢者が、独居になります。

原因として未婚の増加などが挙げられていました。

が、少子化なども影響するのでしょう。

 

20年後の相続はどうなっているのかと、考えます。

身寄りがない方の財産は誰も相続する者がいなくて、どんどん国庫に入るようになっているかもしれません。

 

または、今より養子縁組が増加して、新しい家族の形が多く誕生しているかもしれません。

 

死後事務委任契約のニーズも、今以上に増えているでしょう。

将来の相続