相続や遺言はどこに相談に行けばいいのか

相続遺言相談窓口

相続や遺言のことを相談したいと思った時、誰に相談すればいいのでしょうか?

昨今は行政書士、司法書士、弁護士、税理士、不動産会社など、多くの専門職が相続や遺言の相談に応じますと、宣伝しています。

一般の方からすれば、いったいどこに相談すればいいのかを、迷うと思います。

 

いろいろな無料相談に行ってみたが、結局はどこに頼んだらいいかわからなかったと仰る方も、少なくありません。

ご自身のケースが、どこに処理してもらうのが一番いいかは、知識がなければわかりづらいものです。

迷ったら、身近な行政書士に!

相談する法律専門家

手前味噌にはなりますが、行政書士は街の法律家として、一般市民に最も身近な法律専門職です。

敷居が低く、気軽に相談するなら一番だと考えています。

無理な営業や売込みをされることも、ますないでしょう。

行政書士に相談に行って、解決できなくても何らかの道しるべは示してくれるはずです。

必要な専門家を紹介してくれる

司法書士や税理士紹介

当事務所もそうですが、行政書士で相続を専門にしていれば、税理士や司法書士など他の専門職とのネットワークを持っています。

必要があれば、他専門職と連携して業務を処理します。

 

例えば、税務申告が必要なら税理士に依頼し、登記が必要なら行政書士に依頼します。

依頼者からすれば、行政書士に依頼すれば、司法書士や税理士といった専門職を自ら探さなくてもいいです。

行政書士に相談・依頼すれば、全ての手続が終了します。

 

いろいろな窓口に行く手間が省けますし、全ての業務が終了するまで、依頼した行政書士が責任を持って対応します。

すごく楽に、相続手続を終えられます。

 

実際に、当事務所のお客様の声の中には、「大変な手続きをすべてやってくれた」「助かった」などを多く頂いています。

迷ったら、行政書士をお試しください。