当事務所は身寄りのない高齢者の方の相続及び死後事務一式を受任する機会が多いです。

独居の方が増えているからか、最近はつとに多くなっています。

 

というのも、法律家の多くは相続手続は受任しても、死後事務は大変ですので受任しないからです。

相続手続の部分は財産処分です。

 

死後事務は、賃貸住宅の解約、病院や施設の退去手続、葬儀や供養に関する一式です。

こちらは通常、法律専門職はやりたがりません。

 

しかし、当事務所は社会福祉士事務所でも兼ねています。

これまで多くの身寄りのない高齢者や障害者を支援してきた経験から、死後事務を得意にしております。

スタッフも皆、情熱を持って取り組んでいる業務です。

 

そのため、相続と死後事務一式のご依頼が多いです。

相続手続と死後事務