マイナンバーで土地管理を検討

相続登記未了の土地増加に対し、政府はマイナンバーで土地情報を管理しようと検討を開始しました。

つまり、役所の戸籍や固定資産課と法務局が死亡情報などを連携して把握することになります。

その他の情報共有などはしない方針のようですが、今後の議論でどうなるかわかりません。

とすれば、法務局が個人の租税の滞納等も知り得る状況になる可能性があります。

共有する情報を限定するとしても、どうやって情報管理するのか、漏洩防止対策はどうするのかなど、詰めた議論をしてほしいと思います。

所有不明土地を減らす、なくすためですから、きちんとした仕組みであれば、受け入れられやすいでしょう。