生前に自分の子供などに財産を贈与したい場合、相続時精算課税制度は便利です。

贈与の際に贈与税を支払っても、相続時にまとめて精算しますので、支払った贈与税を相続税に充当できます。

つまり、贈与と相続を全体として見て、納税すればいいのです。

生前贈与を上手く活用すれば、相続後の紛争を防止することができます。

そのため、最近は生前贈与、相続対策のご相談が多くなっています。

相続対策は、いろいろな制度をや特例を組み合わせて行うことで、より効果を発揮します。