相続放棄は3か月を過ぎてもできる場合がある

相続が開始した際に、財産を受け継ぎたい場合は、粛々と預貯金や不動産の解約や名義変更をして、相続人で分けます。
が、被相続人の財産を相続したくない時があります。

上記の場合、当サイトで説明している相続放棄の手続をする方法があります。
これは絶対ではなく、相続人間の遺産分割協議で他の相続人に全ての遺産を相続させても、結果的には何も相続しません。

ただ、被相続人に債務などがある場合、または、債務がある可能性がある場合は、相続放棄をしておいたほうが安心です。
というのも、相続放棄をしておけば、端から相続人ではなかったことになりますので、後で債務があっても請求されることはありません。

遺産分割で他の相続人に相続させた場合、遺産分割協議書の文言に不備があると何らかの請求が来ることがあります。それに、遺産分割協議は全員が合意しなければなりません。

が、相続放棄は単独でできますし、家庭裁判所が認めるものですから、その恐れはありません。

もっとも、相続放棄は相続開始を知ってから3カ月以内という制限があります。
3か月過ぎたらできないかと言えば、必ずしもそうではありません。

事情があれば、3カ月を過ぎても認められるケースはあります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。新長田駅近くの事務所で、無料相談実施中!長田区・須磨区・垂水区・西区・兵庫区の方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG