不動産を相続したくない時にどうするか

価値のある土地や建物などの不動産を相続することを、躊躇う人はまずいません。
が、最近のご相談で多いのが、田舎の土地や建物を相続したくないという内容です。

相続しても住まない、利用しない不動産を相続しても、毎年の固定資産税だけ支払うことになり、お荷物になります。
市街化区域ならそれでもある程度利用価値があり売却できるかもしれませんが、市街化調整区域の不動産などは売るに売れないものもあります。

熱海の事件もあり、ご自身で管理できない不動産が元で災害などが起こった場合、所有者・管理者責任を問われます。
例えば、庭の木が倒れる、家屋が倒壊して他者の身体や財産を害するようなことがあっては、取り返しのつかない状況になります。

手っ取り早いのは、相続放棄することです。
初めから相続人ではなかったことになります。

ただ、ご自身が相続放棄することによって、次の順位の相続人に不動産を相続させる場合は問題になります。
自身が放棄したために、他の親族に責任を負わせることになりますので、法的には合法でも心苦しい思いをするかもしれません。

そのような場合は、相続人全員で放棄する方法が、一番良いように考えます。
誰にも責任を負わせることのないようにすれば、まずは一安心です。

ただし、誰も相続しない不動産ができてしまうのは、国としては問題にはなります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>相続手続一式丸ごとお任せください!

相続手続一式丸ごとお任せください!

いざ相続が発生すると、役所に行って戸籍集めや各種手続に追われます。お仕事や家事を抱えてだと、大変でしょう。当事務所はなるべく依頼者のご負担にならないようにサポートしています。新長田駅近くの事務所で、無料相談実施中!長田区・須磨区・垂水区・西区・兵庫区の方はお気軽にご相談ください。

CTR IMG