相続登記未登記の土地が利用可能になる?

相続登記が未登記などで所有者が不明になっている土地が、昨今問題になっています。

所有者不明土地の面積は、現時点で九州の面積上回っています。

このまま放っておくと、北海道の面積に匹敵するようになるとも試算されています。

そこで、政府は所有者不明土地であっても、知事が認可すれば10年の一時利用が認められる制度の整備を検討し始めています。

一時利用ですが、店舗や公園などを作れるようにして、土地利用の促進を促します。

所有者が現れなければ、期間の更新もできます。

今後も議論の流れを見守る必要はありますが、制度が整備されると、経済的にも好影響をもたらしそうです。